藤田静夫カップとは?

故 藤田 静夫氏

第6代会長(在任期間:1987〜1992年)

1911年2月5日、京都府生まれ

京都府師範学校(現・京都教育大学)卒業

教職を経て、京都府衛生部、労働部勤務。その後、株式会社藤田ビルを設立し、代表取締役社長に就任

理事、副会長を経て、1987年会長就任。会長在任中、Jリーグ設立、FIFAワールドカップの招致決定、日本女子リーグ(現・Lリーグ)及び全日本ユース選手権の創設など、現在の日本サッカーの基盤づくりに尽力。また、日本代表選手団団長として数多くの国際試合に帯同するなど、強化現場を盛り立てた

関西蹴球協会副会長、京都府サッカー協会会長を務め、関西地区のサッカーの発展にも力を注ぐ

日本体育協会理事、京都市体育協会会長、京都府体育協会会長等を歴任。長年にわたり、国民体育大会の京都府代表団団長を務める

1975年 藍綬褒章、1982年 勲四等旭日小綬章、1992年 FIFA功労者表彰、1993年 銀杯一個

2002年没

2005年 第1回日本サッカー殿堂入り

日本サッカーアーカイブ より引用
1989年 氏の母校である京都教育大学が主催し、そのOB教員の皆様方が顧問を務めるチームが年に一度集う大会としてスタート

そして学生スポーツも変容し存続の危機が訪れ、
1997年より内閣府承認NPO法人AS.ラランジャ(当時任意団体AS.ラランジャ)が運営を引き継ぐ